北欧インテリアの人気の秘密

人気の北欧インテリアの魅力を紹介します

北欧インテリアに関心を持っている方も少なくないと思います。

 

北欧インテリアは落ち着いていながらセンスが光り、日本人の趣味にもピッタリですね。

 

このサイトでは、北欧インテリアについての様々な情報を紹介したいと思います。

 

北欧インテリアに興味を持っている方、北欧インテリアの購入を考えている方の、参考になるようでしたら幸いです。

 

北欧インテリアとは?

 

北欧インテリアとは、ヨーロッパ北部のスカンジナビア半島周辺、国名でいえば、
スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、そしてデンマークで、
現在実際に使われているインテリアスタイルを指します。

 

北欧では、冬が長く、厳しいことが特徴です。
そのためどうしても年間を通して室内で過ごすことが多くなり、
そのために居心地のよい室内空間を作ることに関心が高くなると言われています。

 

日本でもバブル崩壊以降、外を遊びまわるより、家での生活を楽しむことに
人々の関心が向かっていると言われます。
北欧インテリアの人気が日本で高くなっている背景には、
そのようなこともあるのかもしれませんね。

 

北欧インテリアの特徴とは?

 

北欧インテリアの第一の特徴は、
「シンプルでナチュラルである」ことです。
過度の装飾を好まず、シンプルで合理的なデザインが採用されています。

 

また北欧インテリアは、工場での大量生産が可能であることも配慮されています。
そのため価格も、輸入商材であるにしては、低価格になっています。

 

自然をモチーフとすることが多い

北欧は、豊かな自然に囲まれた地域です。
ですからデザインに、自然をモチーフとしたものを取り入れることが上手です。

 

ナチュラルな素材感を生かしたり、動植物をモチーフとしたデザインが採用されたりしています。
そのため北欧インテリアは機能的でありながら、冷たい印象を与えません。

 

色使いはカラフル

北欧インテリアは、ナチュラルな中に、鮮やかな色使いを取り入れることも特徴です。
これは厳しい冬の生活の中でも、楽しい気分になれるようにするためだと言われています。

 

青や黄色、赤などの鮮やかな原色も、効果的に使われます。
ただもちろん、全体の印象はナチュラルで、けばけばしい感じは一切しません。

 

北欧スタイルをインテリアに取り入れるには?

 

北欧スタイルをインテリアに取り入れるには、もちろん実際に北欧で作られている製品を
購入することも一つの方法です。
でもそれだとどうしても、長い距離を運送しなければなりませんから、
価格が高めになってしまうんですね。

 

そこでオススメなのは、日本製の家具を、北欧流にアレンジすることです。
北欧と日本は風土が似ているところがあり、日本製の家具の中にも、
シンプルでナチュラルな物が多いんですね。

 

デザインはどのようなものがいい?

北欧流にインテリアをまとめたいと思ったら、まずデザインは、できるだけシンプルで、
単純なラインで構成されているようなものを選ぶようにしましょう。

 

全体として素材感が高く、自然を感じるようなものが、北欧インテリアにはオススメです。

 

素材はどのようなものがオススメ?

まず木材に関しては、北欧インテリアでは、パイン材、ビーチ材、オーク材などが多く使われます。
ただパイン材は木目が強く、あまり素朴なデザインのものは、北欧というよりは、
「カントリー」になってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

また北欧インテリアでは、成型合板など加工された木材が使われることも少なくありません。
さらに金属も、北欧インテリアでは効果的に使われて、スタイリッシュな印象が
強調されることもあります。

 

椅子などの張り地は、綿や麻、ウール、革などが、北欧インテリアではよく使われます。
光沢のあるものより、織り感を活かした物を使うのが、北欧流です。

 

照明器具を選ぶポイントは?

北欧では長い夜を過ごさなければなりません。
そこで照明は、温かみのある光が使われることが特徴です。

 

北欧インテリアでまとめたければ、白色の蛍光灯は使わないほうがいいでしょう。
白熱灯や、蛍光灯でも電球色を使うことがオススメです。

 

照明器具のデザインに関しては、すっきりとしたシンプルなものを選ぶようにしましょう。
ストラスビーズが付いているようなゴージャスな物は、北欧インテリアには似合いません。

 

また北欧では、ダイニングテーブルの上にペンダントを吊るすことも少なくありません。
ペンダントの光で照らされることにより、家族がそこに集うきっかけが作られます。

 

ファブリックがポイント

 

北欧インテリアでは、ファブリックがポイントになります。
北欧のファブリックはデザインが豊富で、綿や麻などの自然素材に、
自然をモチーフとした柄がプリントされているのが特徴となっています。

 

色は、鮮やかなものから落ち着いたものまで様々です。
北欧では、ファブリックをこまめに替えることにより、家の中の雰囲気を変えるのだそうです。

 

北欧流のファブリックで窓を飾る場合は、柄がきちんと見えるようにするのがポイントになります。
カーテンならば、プリーツが少ないフラットカーテン、
そのほかシェードやロールスクリーンなどもオススメです。

 

また北欧では、気に入ったデザインのファブリックをパネルに仕立てることもよくされます。
パネルを絵を飾るように部屋に飾り、部屋に上手にアクセントを付けます。

 

自然をモチーフとした小物もオススメ

 

北欧では、動植物などの自然をモチーフとしたインテリア小物が効果的に使われます。
リアルなデザインより、少しデフォルメされ、シルエットなどに取り入れられたものがオススメです。



このページの先頭へ戻る